Loading

かわしま法務事務所の電磁的事件簿 ~笑う門には福来る~

あえて仕事から離れる時間の大切さ

年が明けたかと思ったら、あっという間に一月も下旬です。
しばらく暖かく過ごしやすい日が続いていたかと思いきや、一転して大寒波襲来。
体調には一層気を付けて身体を暖かくしながら、変わらず元気に迅速に動いてまいります!

ところで、私自身開業前後で大きく変わったことがあります。
それは公私のスイッチの切替えです。

サラリーマン時代は朝の業務開始の時間までにスーツで出社して
業務時間内は仕事に集中し時々残業をしたりもして、
そんな生活を月曜日から金曜日までして、土日で休息する。

当時は煩わしくて仕方なかったものが、開業してから一切無くなりました。
遅く出勤して仕事を始めても誰からも怒られたりしませんし、
また、一週間の感覚も平日土日関係なく自分自身の裁量で判断することができます。

一見恵まれた環境に見えるかもしれませんが、全てが自己責任。
仕事にとことん没頭しようと思えばいくらでもできてしまいます。
ですので、つい進行中の案件でいろいろなことを抱えているとき
「どうやってこの仕事を進めていけるだろうか?」と手から離れなくなることもしばしば。

しかし、仕事だけをしているとその中でしか物事を考えられなくなります。
そこで感じるのはあえて仕事から離れる時間を意識して作ることの大切さ。

ご飯を食べに出たり、本を読んだり、家族とのんびりしたり。
少しだけ仕事を離れて心身の状態を整えることが、
結果的に普段の仕事に大きなプラスになると感じます。

そうした時間を作るには仕事をいかに効率的に進められるかに懸っています。
品質の高い仕事を迅速に効率的に進めることが、今の当事務所の一番の関心事です。

関連記事

  1. 新型コロナウイルス感染拡大の余波はここにも②
  2. 勤務司法書士という働き方を振り返る・後編
  3. 「真面目か」と言われて何が悪い?!
  4. 今年も一年ありがとうございました。 -収穫と反省について-
  5. 恩師との再会
  6. 伝えることの難しさ
  7. セイギとミライ -熱血司法書士の事件簿-
  8. 今年度司法書士試験筆記試験の合格発表を受けて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP