Loading

かわしま法務事務所の電磁的事件簿 ~笑う門には福来る~

恩師との再会

私が司法書士試験に合格したのは平成24年。
受験生として苦しんでいた時期は、もう5年以上前のことになります。

司法書士試験時代の辛かった記憶も段々と曖昧なものになってきました。
ただ「もう一度やりたいか?」と聞かれれば反射的に、
「絶対に嫌だ!」となるのは、今でもまったく変わりませんが…

そんな私の司法書士試験の受験生時代に
大変お世話になった恩師が、昨日当事務所にいらっしゃいました。

恩師は、日中は司法書士実務の最前線に関わりながら
長く受験指導に携わり多くの受験生を合格へと導き続けてきました。
この恩師との出会いがなければ、今の自分は無かったと思います。

講義の中では時に厳しい言葉でハッパをかけられ「なにくそ」と思いつつ、
勉強の方向で悩んだ時期、苦しい時期に親身に相談に乗っていただいていました。

人気講師ですので当時の私は数多い受講生のうちの一人に過ぎませんでしたが、
合格後は講師と受講生の関係から同職の先輩後輩の関係となり、
節目の折には必ず報告し、相談に乗っていただくようになりました。

恩師にお会いする度に、事務所の新しい展開や実務の報告ができるように、
と自分にハッパをかける材料の一つにさせていただいています。

ところで今司法書士を取り巻く環境や将来の話になると決まって
先は決して明るくないという声を多く聴きます。
司法書士試験の受験者数もここ数年長期的に減少傾向にあります。

そんな中、今司法書士を目指し受験勉強を頑張られている方々に
司法書士の仕事の面白さ、楽しさ、これからの可能性を常に発信し
かつ早く司法書士になりたい、と思ってもらえる仕事を積み重ねることが、
私のいち司法書士としての使命だと信じています。

そして将来そんな希望を持った方々が司法書士の仲間となって活躍するときに、
私も一緒にその活躍を盛り上げていける存在になれればいいなと思っています。
「努力は人を裏切らない」という恩師の言葉を今も胸に置いて。

関連記事

  1. 当事務所の本年の夏季休業について
  2. 将来の後輩たちが希望を持てる仕事を
  3. 預貯金や株式等の相続手続 「遺産承継業務」の安心な運用を目指して…
  4. あえて仕事から離れる時間の大切さ
  5. 西へ東へ 金融機関向けセミナーと司法書士会研修講師
  6. 「誰に頼んでも出来上がりは同じ」だとは限りません
  7. 伝えることの難しさ
  8. 「こんなはずじゃなかった」の声を減らすために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP