Loading

かわしま法務事務所の電磁的事件簿 ~笑う門には福来る~

遺産分割の話し合いと司法書士

遺産分割の話し合いを仲介し調整する業務を承っています。
このお話をすると「司法書士の相続業務って登記くらいじゃないの?」
と驚かれることもしばしばあります。

その言葉のとおり、司法書士の相続に関連する業務といえば、経験のある方などは
不動産の相続登記手続やそのための遺産分割協議書作成などが思い浮かぶでしょうが、
相続人の皆様に相続手続全体を円滑に進められるようサポートすることもあります。

例えば、亡くなった方の相続人が現在の配偶者とお子様だけではなく
前の配偶者との間のお子様もいらっしゃることが戸籍の調査から分かり、
双方お互いに面識がまったくない、という場合のお話。

亡くなられた方本人は遺品や関係者から聞き取った経緯などを考えると
そのことが気がかりだったようですが、かといって
どのように対応を打てば良いかまで考えることはできなかったようです。
親族や友人にもそう簡単に相談できなかっただろうと思います。

関係者の皆様に遺言が残されていないか確認しましたが見つからず、
公証役場で公正証書遺言の検索を行いましたが、これも該当なし。
元気なうちに遺言を用意していたら…と思わずにいられません。

この場合、お互いに面識のない相続人の方全員が
上手く話し合いが進められ、まとまるように間に入ってサポートします。
ご相続人全員からのご依頼をいただいた上で、遺産や相続人を調査し、
遺産分割のための話し合いのための資料作成と連絡・助言、他士業との調整、
そして話し合いがまとまればその内容に沿った名義変更手続まで行います。

重要なのは、これらの手続を中立公平な立場で行うことです。
この場合の司法書士の仕事は弁護士の先生とは違い、
どちらかの代理人に就きその方の言い分を主張するということは行いません。

しかしこの業務はご相続人の皆様のご協力が必須であり、
万が一争いになればその時点で終了し、弁護士の先生にお任せせざるを得ません。
ご依頼者の皆様の不安を一つ一つ丁寧に解きほぐしながら、
遺産承継がきれいに終わったときの安堵感・達成感は何者にも替え難いものです。
この業務を通じてご依頼者の皆様からいただく感謝の言葉はまた感慨深いものがあります。

もしお近くに相続でお困りの方などがいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 民事信託に取り組む専門家たちの姿勢について
  2. 百五銀行の民事信託業務・サービスに関する取り組みについて
  3. 中部民事信託研修会(三重県四日市市) 安心な制度活用に向けて
  4. 相続登記手続は避けて通れない
  5. 十六銀行、民事信託士協会と民事信託制度推進につき業務提携
  6. 第4期民事信託士検定に携わらせていただいて
  7. 遺言を残すということ
  8. 思いを形にする大切さ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP