Loading

かわしま法務事務所の電磁的事件簿 ~笑う門には福来る~

親亡き後、子どもの幸せを考える新常識セミナー

今月15日の月曜日、見守りサービス等を地域で展開されている
元気じるし株式会社様よりご依頼をいただきまして、

四日市市文化会館の会議室をお借りし
親亡き後の将来にわたっての生活の設計の大切さについて考える
セミナーにて、民事信託に関する講演をさせていただきました。

世の中では自分自身の人生の最後を考える
「終活」が大切なこととして認知されつつありますが、

自分自身のため以上に、残された家族や子どもたちが
困らないために元気な今のうちから考えることが大切であることを、
伝えたいという思いを日頃から持っていました。

情報発信を積極的に行い、少しでも皆様のこれからの
生活にお役に立てるようにと考えています。

まだまだ民事信託に関する正確な情報が
伝わるべきところに伝わっていないこと、
そしてその情報があまり正確ではないものも
多く含まれていることもまたお話の中で実感しました。

この部分は私にとって今後の大きな宿題になりました。
専門職の能力向上と併せて、もっとしっかり
現場に向き合い、自ら動いていかなければ。

このセミナーでは質疑応答の時間をあらかじめ20分用意していましたが
それだけでは足りずに延長してしまう程、真剣に話を聞いてくださり
また自分の思いや質問などを言葉にして下さいました。

セミナー終了後も思いがけず個別相談に。
ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。

関連記事

  1. 令和の新時代、本格スタート
  2. 百五銀行の民事信託業務・サービスに関する取り組みについて
  3. 相続登記手続は避けて通れない
  4. 子どもの判断だけで親の認知症対策の民事信託を組成するリスク
  5. 前の妻(夫)との間の子どもへの相続を考える①
  6. マスメディアの民事信託活用への注目を受けて
  7. 自筆証書遺言の方式が一部緩和へ
  8. 「司法書士かくあるべき」を考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP