Loading

かわしま法務事務所の電磁的事件簿 ~笑う門には福来る~

改めて、高齢の親の民事信託のご相談で注意したいこと

私自身、ご相談者の方から親の将来の認知症対策として
民事信託が使えるのではないか、とお話いただくことが増えてきました。
そんな中、ご相談をいただきながらお断りしなければならなくなったケースを
今回のブログで一つ典型的な例としてご紹介したいと思います。

ある50代のご相談者の方からのお話でした。
親が高齢になり自分自身で財産の管理ができなくなったときに、
子どもとしてその先どうなってしまうのかか心配になってきたので、
できれば子どもであるご相談者自身が親に代わって、民事信託の制度を使って
その財産を管理したいというご希望をいただきました。

そこで信託の基本的な説明と、親ご本人にもこのお話をさせていただき
皆で一緒に将来の財産管理のことを考えましょう、と私が提案すると
「親は難しいことは理解できず、体力的に難しい」と親との面談を拒否されました。

そして、ご相談者が全て窓口となって親の要望を私に伝えできる限りの準備をし、
最後にご相談者自身が親に出来上がった契約書を見せて了解をもらってくるので
それで取組むことはできないか、と言われてしまいました。

なるべく親の負担を減らしたい、難しいことはわからないけれど
とにかくメリットになるなら着手してほしい、という心情もわからなくはないですが、
この場合私は民事信託の取組に着手することはできません。

確かに親が信頼している家族(主に子ども)を受託者として民事信託の契約を設定すれば、
親本人の体調に関わらず信託契約の内容に従って引き続き財産を管理処分することができ、
その目的によっては大きなメリットをもたらせるものもあります。

しかし、親の財産は親のものであり、子どもがその管理を決めることはできません。
子どもが親の財産を勝手に扱うことで後に大きなトラブルに見舞われることも多く、
親自身の意思に従って財産を取扱うためには、 必ず検討すべきことや
注意すべきことをきちんと踏まえていかなければなりません。

まず、親自身に信託をする意思があるかどうかを確認すること。
親が既に認知症を発症し信託の内容を理解できない場合であったり、
たとえ認知症を発症していなくてもそもそも信託契約の内容を理解できなければ、
そもそも信託の制度を活用することはできません。

何となくメリットがあるからやってみる、では足りません。
そのために、たとえ制度が複雑でもなるべくわかりやすく説明を試みて、
ご本人に正しい理解が得られないようであれば見合わせることもありえます。

そして一人の子どもの思いだけでなく、他のご家族にも民事信託の活用について
ご理解と手続面のご協力もいただけるようにしたいと考えています。
というのも、将来その親の相続人になるであろう家族同士で
信託の組成がきっかけで争いになってしまうこともあるからです。

他のご家族も将来的に親の相続人になる場合、ひょっとしたら
信託しようとしているの財産も遺産分割の対象となりえます。
にもかかわらず、その家族に何も相談なく信託を組成すれば、
「あの子が親をそそのかして財産を横取りした」となるかもしれません。

もしそんな争いが生じる恐れがあるにもかかわらず、
他の家族への理解と協力を得ることに消極的であれば、
私は現に取組をお断りさせていただくこともあります。

親のための民事信託であれば何よりも親自身にとって納得のできるものを
直接その意思を確認しながらサポートしていくべきであると考えています。
その際にはいろいろお手間やご無理をおかけしてしまうこともあるかと思いますが
親自身の思いに寄り添うためのものとして、ご了承いただければと存じます。

関連記事

  1. 任意後見 -自分で設計する後見制度②
  2. 民事信託において様々な専門的知見を繋げることの大切さ
  3. 民事信託って何? ~民事信託の基礎知識~
  4. 中部民事信託研修会(三重県四日市市) 安心な制度活用に向けて
  5. 民事信託士登録証が発行されました
  6. 第4期民事信託士検定に携わらせていただいて
  7. 民事信託について専門家に相談するときに
  8. 通帳の管理を委ねることの難しさ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP